三匹の子豚まんと、子ブタまんと、こぶたまん

スポンサードリンク

 白くてふわふわの豚まんに、目と耳と鼻をつけて、かわいい子ブタの顔に仕上げた「子豚まん」「子ブタまん」「こぶたまん」。いくつかの中華料理店がデパ地下やスーパーなどに卸したり、直売したりしているので、見た目もネーミングも味も微妙に違うようです。3匹をセットにして、「3匹の子豚まん」「3匹の子ブタまん」として販売しているところも多く、1匹よりかわいさアップ。よく見ると、1匹ずつ表情が違うところも愛嬌たっぷりで、つい食べるのをためらってしまうほど。
 買物先で見かけて、思わず衝動買いしてしまったという人も多いですが、お土産にしても喜ばれること間違いなし。甘いものが苦手な人も、子豚まんなら満足してくれそうですね。蒸し器で温めるか、レンジで30〜40秒温めると、ほかほかになって美味しいですよ。

子豚まんをデパ地下やスーパーで買う

 東京、横浜などの関東系デパ地下では「過門香」の「子豚まん」「3匹の子豚まん」、大阪や京都などの関西系デパ地下では「四陸(フォールー)」の「子ブタまん」「3匹の子ブタまん」が主流。ほかに、マックスバリューなどのスーパーで販売されている3匹色違いの「3匹の子豚まん」も人気。横浜中華街や神戸南京町でも、オリジナル子豚まんを見つけることができます。ちなみに、去年「こぶたまん」を出していたサークルK・サンクスは、今年は今のところ販売予定がないそうです。
<過門香の子豚まん>
 人気の「もちもち豚まん」がかわいい子豚フェイスで新登場。中は豚肉、キャベツ、しめじがたっぷり。子豚まん120円、3匹の子ブタまん360円。東横のれん街店、ルミネ荻窪店、ラゾーナ川崎プラザ店、クィーンズ伊勢丹横浜店などで販売中。
<四陸の子ブタまん>
 目は小豆、耳と鼻は干しぶどうからとった酵母を練りこんだ生地でできています。少し甘めの皮に、あっさりした具材がぴったり。子ブタまん(1匹)120円、3匹の子ブタまん(3匹)360円。阪急、高島屋、阪神、伊勢丹などの百貨店で販売中。
<マックスバリューなどのスーパー>
 鼻と耳の色が、ピンク、黄色、茶色の色違いになっていて、3匹の子豚にして並べるととってもキュート。ピンクは豚まん、黄色はギョーザまん、茶色はピザまんになってます。1匹100円。

スポンサードリンク