ソニー損保と全労済のバイク保険は値段が安くすむ

スポンサードリンク

 バイク保険は、自動車やバイクに乗る人が必ず加入しなければならない「自賠責保険」と、それだけでは補償しきれない部分を補う「自動車保険(任意保険)」があります。一般的に「バイク保険」と呼ばれるのは、バイク用の自動車保険(任意保険)を指しますが、見積もりをとったものの、値段が高いという理由で敬遠されることも。
 しかし、バイク保険としてバイク独自に保険をかけなくても、車の保険に「バイク特約」を付けることで、補償をカバーできるケースがあります。なかでも注目されているのが、保険の比較ランキングで常に上位の「ソニー損保」と、営利を目的としない生協で保険料の安さが人気の「全労済」。車を持っていて、さらに125cc以下のバイクを所有している人におすすめです。
 バイク保険を選ぶときや、見積もりをとるときは、ぜひソニー損保と全労済のバイク特約も含めて値段や補償を比較し、経済的で安心なバイクライフを楽しみましょう。

ソニー損保と全労済のバイク特約を比較

■ソニー損保の「ファミリーバイク特約」
 ソニー損保の自動車保険の保険加入者と、その配偶者、それぞれの同居の親族と別居の未婚の子が、125cc以下の原動機付自転車(借用バイクを含む)を運転中に起こした対人事故・対物事故・自損事故について補償。原動機付自転車を複数所有しいる場合も、まとめて補償されます。ただし、原動機付自転車自体の損害についての補償はなく、主契約(自動車)の年齢条件・家族限定特約は適用されません。
 さらに、「この特約と人身傷害補償をあわせて付帯したご契約については、原動機付自転車搭乗中の事故についても人身傷害補償を適用します」とのこと。車の人身傷害補償がバイクにも適用されるので、なんとも心強いです。
■全労済の「マイバイク特約」
 全労済の自動車保険(マイカー共済)の基本補償(四輪自動車)にマイバイク特約を付帯することで、125cc以下の原付自転車(借用バイクを含む)を対象とする、家族全員の原付事故を補償。保険加入者と同居の家族(別居の未婚の子を含む)、全員の事故が補償されます。原動機付自転車を複数所有しいる場合も、まとめて補償。掛金は基本補償の運転者年齢条件・等級に関係なく一律です。
 補償は、搭乗者傷害/500万円・1000万円、自損事故障害/1500万円、対人賠償/無制限、対物賠償/500万円・1000万円・3000万円・無制限。基本補償に人身傷害補償を付帯すると、人身傷害/3000万円・5000万円・1億円・2億円・無制限が付きます。こちらも「ソニー損保」と同じで、人身傷害補償と併せて加入すると安心ですね。

スポンサードリンク